エイジング スキンケア 美白

美白美容液って本当に効果あるの?シミ消しや色白肌になるは可能なのか

こんにちは、しらたまです。

以前こんなツイートをしました。

今回はこれもとに、美白美容液を使うことでシミは消せるのか、色白肌になれるのか等、「美白美容液の効果」についてお話していきます。

美白美容液でシミは消えない

まず、美白美容液でシミが消えるのかどうかについて。

この結論は「シミが消えることはない」です。

ただし、初期段階の薄くて小さなシミなら消えるかもしれないという見解もありますが、

厚生労働省が認めている美白美容液の効果は「紫外線によるメラニンの生成を抑え、シミの発生を予防する」です。

シミの予防の効果しか認められていないので、シミが消える・薄くなるということはあり得ないと思っておきましょう。

シミを消す程の美白有効成分が入っていたら逆に危険

なぜ美白美容液がシミを消すことはできないのか。

それはシミを消せるほど強力な美白有効成分・大量な美白成分は配合されていないからです。

逆に言えば、シミを消せてしまうほど強力な美白有効成分や、大量の美白成分を配合すると肌に刺激が強すぎて副作用やトラブルを起こし危険なのです。

美白美容液には美白有効成分というのが入ってるわけですが、これは「紫外線によるシミやそばかすを予防する」為に必要なだけの一定の量(規定量)配合されています。

この規定量というのは厚生労働省が定めているものであり、その量以上の有効成分を配合することはできません。

広告で「シミが消える」という表現はNG

そもそも美白美容液を広告やアフィリエイト記事などで紹介する際は、口コミの紹介でも「シミが薄くなりました」「シミが消えました」という表現をしているものを載せるのは本当はNGとされています。

その知識がない方が記事を作成していたり、公式サイトでもグレーゾーンな域なのか意外とそういった口コミを載せている商品サイトは見かけます。

その他にも、美白化粧品においては

  • 透明感が出る
  • 肌が明るくなる
  • くすみがなくなる

等の表現も実はNG。

こういった文言を見かけると「おっ、なんか効きそう!」と思いがちですが、過剰な期待はしないこと。

美白美容液で「シミが薄くなった気がする」ということはあるのかも

とは言え、実際に美白美容液を使い続けていたら「シミが薄くなったと感じる」ということは実際にあるかもしれません。

私も美白美容液を使っていたら「前より薄くなってるような気がするな~」と感じることもありますし、

濃いシミを気にしている旦那に美白美容液をプレゼントして根気よく続けていたら「なんか前より気持ち薄まってない?」と聞かれたこともあります。

これは思い込みのパターンもあれば、

美白美容液によってメラニンの生成が抑えられシミが濃くなることがちゃんと防げていたり、そのうえで肌がターンオーバーを繰り返すうちにできてしまったメラニンがきちんと排出されることで、

そういった結果を生み出していると考えられます。

美白美容液で色白肌になれるのか

続いて、「美白美容液で色白肌になれるのか」についてですが、この結論は「元の肌より白い肌にはなれない」です。

日焼けして元の肌より肌の色が黒くなってしまった肌を、もとの肌色に戻すためのサポートには効果的ですが、もとも肌よりも白くすることは不可能なのです。

とは言え、少しでも色白な素肌を目指しているなら、日常的に美白美容液を使ったケアはした方が良いと考えています。

色白肌を目指す為に美白美容液が効果的な理由

色白な肌を目指すために美白美容液が効果的な理由は

  • メラニンの生成を抑えられるから
  • メラニン色素を還元してくれるから(ビタミンC誘導体)

です。

肌が黒く(暗く)なってしまう理由は、メラニンが原因の1つです。

なので、美白美容液に配合される美白有効成分の「メラニンの生成を抑える」や「メラニン色素を還元する」という効果を利用して、肌の外側からお肌を元の色に戻すケアのサポートをしましょうということです。

メラニン色素を還元するというのは、簡単に言えばメラニン色素を薄くするということで、これはビタミンC誘導体が持つ効果です。(他の美白有効成分はメラニン色素を還元する効果は持ちません。)

肌が黒くなってしまう仕組み

肌は紫外線を受けると、肌の中で「メラニンを作れ」という指令が下され、メラニン工場でメラニンが生成されます。

このメラニンの数で肌の色は決まってくるのですが、メラニンが多いほど肌は黒くなりますし、メラニンが蓄積していくとシミになります。

紫外線を浴びるとメラニンは新しく生成されていってしまうので、紫外線を受ければ当然それだけ肌の色は黒くなるというわけです。

とは言え、メラニンは作られてしまってもターンオーバー(肌の生まれ変わり)で自然と排出されるものなので、一時的に肌が黒くなっても時間が経てば元の色にもどります。

夏は真っ黒なのに、冬になれば肌が白く戻るのはこの為です。

しかし、このターンオーバーというのは年齢や生活習慣の乱れなどで滞ってしまうもの。

そこで美白美容液を使い、肌が黒くなってしまう原因の「メラニン」の生成や黒化にアプローチしたが

内側(ターンオーバー)からだけでなく、外側からも肌が黒くなってうのを防いでいくれるので、少しでも色白なお肌を目指すのに効果的ということなのです。

効果的な美白美容液の選び方

シミを消したり、もとの肌色より白くすることはできなくても、やはりシミが気になる人や日焼け後の肌が気になる人には美白美容液を取り入れたスキンケアはおすすめ。

美白美容液を選ぶときは、

  1. 美白有効成分の働きに注目
  2. 保湿ケアも重視
  3. 続けやすいかどうか

の3点を意識しましょう

美白有効成分の種類と働き

美白美容液に配合される「美白有効成分」はそれぞれ、

  • メラニンの生成を抑える
  • メラニン色素の還元(メラニンの色を薄くする)
  • メラニンの排出

のどれかの働きを持っています。

働き 美白有効成分
メラニンの生成を抑える ビタミンC誘導体、m-トラネキサム酸、アルブチン 等
メラニン色素の還元 ビタミンC誘導体
メラニンの排出(ターンオーバーの促進) プラセンタ、エナジーシグナルAMP 等

こうしてみると、ビタミンC誘導体はメラニンの生成も抑えるし、メラニン色素の還元もするので個人的には1番頼りにしている美白有効成分です。

基本的には1つの美容席に美白有効成分は1つだけ配合されており、これと併せて肌荒れ予防の有効成分(グリチルリチン酸ジカリウム等)が配合されていることも多いです。

また、最近では美白有効成分を2つ配合している美白化粧品も出てきました。

アンエアンは美白有効成分を2種類配合

このアンエアンという美白化粧品はオールインワンとしても使える美白美容液。

アルブチンとビタミンC誘導体の2種類を美白有効成分として配合しています。

ジェル状の美容液で伸びも良いので、男女問わず使いやすいテクスチャーですよ◎

匂いもほとんどなく、香りに敏感な方でも安心です。

※PRではありません

美白ケアはには肌のうるおいも重要

美白美容液を選ぶときは美白有効成分だけでなく保湿成分にも注目したり、化粧水やクリーム等で肌にうるおいを補ってあげることも意識しましょう。

肌が乾燥しているとどんなに美白ケアだけ頑張っても結局はシミやくすみの原因となり、綺麗なお肌には近づけませんし、美白成分を刺激に感じることもあります。

美白ケアを重視したい人こそ、保湿ケアを徹底してください。

おすすめの保湿成分はヒト型セラミド

保湿成分に注目するときはセラミド(できればヒト型)が入っているものがおすすめです。

成分表示名でヒト型セラミドは、

N-フィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、N-2-ヒドロキシステアロイルフィトスフィンゴシン

といった名称で記載されています。

美白美容液は続けてこそ意味がある

美白効果というのは、目に見えて分かりにくいものですし、すぐに効果が出るものではありません。

なので長期間使い続けることが大前提で、その為には「使い続けやすさ」も重要になってきます。

  • 続けられる価格
  • 好みの質感
  • 香り

など、自分が「これなら続けられる」と思ったものを選びましょう。

効果の有無は口コミだけでは判断しにくですが、この3点は口コミをチェックすればだいたい把握できるので気になる美容液があれば事前にチェックしておくのが◎

高価な美白美容液を短期間使うより、プチプラでも長期間続けられるものの方がよっぽど良いです。

まとめ

繰り返しますが、美白美容液にシミを消す効果はありませんし、元の肌色より色白にする効果もありません。

しかし、

  • 今よりもシミを増やしたくない、濃くしたくない
  • 日焼けした肌の色が気になる

という時は、美白美容液を使うのも効果的。

ただし生活習慣を見直すことや、日焼け止めをこまめに塗ることも大切。

美白美容液だけに頼るのではなく、こういった点も意識してお肌のお手入れを頑張りましょう!

 

-エイジング, スキンケア, 美白
-, , ,

Copyright© 女神のコスメ , 2021 All Rights Reserved.