ヘア&ボディ

【保存版】ボディケアのやり方@美容ライターが教える基本編

こんにちは、しらたまです。

この前、ボディケアのやり方についてこんなツイートをしました。

今日はこのツイート内容を踏まえ、ボディケアの基本を紹介していきます。

こんな方向けの記事です

  • すべすべなボディに憧れる
  • お風呂上り痒くなりやすい、カサカサしやすい
  • 体の肌荒れが気になる

これだけは守って!おすすめのボディケアのやり方

ボディケアのやり方についてツイートではいろいろと書いていますが、絶対に意識してほしいのはこの3つです。

  1. シャワーや湯船の温度は38度以下
  2. 体を洗う&拭く時は絶対擦らない
  3. 乾燥肌ならボディーソープはアミノ酸系

まずはこの3つから始めてみましょう!

すぐには変化を感じにくいですが、徐々に徐々に変化が出てきますよ。

ボディケアのやり方①お湯の温度は38度以下

お湯の温度が40度を超えると、お肌のうるおい(必要な皮脂)が流れてしまいます。

これがカサカサやかゆみの原因に。

なので体を洗う時や湯船につかる時の温度は高くても38度にしておきましょう。

理想は人肌くらいの温度(36~37度)。

体感で言うと、「お水と呼べる温度だけど、冷たくはないかな~」というくらいです。

ただし冬場はこれじゃ寒いので38度、どんなに高くても39度までにしておきましょう。

ボディケアのやり方②体は絶対擦らない

肌を擦ると、肌のバリア機能が破壊されダメージを受けます。

そうすると、肌内部の水分も逃げてしまうし、外部からの乾燥や刺激も受け放題です。

だから体を洗う時も吹くときも擦るのは絶対絶対NG!

背中は手が届かないのでタオルでゴシゴシしてしまいがちですが、

両手でタオルを持って、左右にタオルを動かさず、優しく押し当てるようにしましょう。

ボディケアのやり方③乾燥肌ならアミノ酸系のボディーソープを

もしあなたが乾燥肌なら、体を洗うのに固形石鹸を使うのはおすすめしません。

固形石鹸というのは基本的にアルカリ性な為、体に必要なうるおいまで奪ってしまうほど洗浄力が高いのです。

だから乾燥肌には断然、アミノ酸系のボディーソープがおすすめ。

アミノ酸系のボディーソープは

  • 洗浄力がマイルドで不要な汚れだけ落とせる
  • 乾燥によるカサつきや痒みを感じにくくなる
  • 洗い上りがしっとり

といったメリットがあり、

ボディーソープをアミノ酸系に変えるだけでもかなり、お肌の質感や乾燥による肌トラブルが軽減されます。

脂性肌のように皮脂の分泌が多い人にはちょっと物足りないかもしれませんが、

乾燥肌はそもそも皮脂の分泌が少ないのでアミノ酸系のボディーソープで十分汚れをオフできます。

なんなら、特に皮脂の少ない箇所はシャワーで洗い流すだけでも十分ですよ。

おすすめのアミノ酸系ボディーソープ

一番手軽に購入できるアミノ酸系ボディーソープはミノンの全身シャンプーです。

ミノン 全身シャンプー

多くのドラッグストアで取り扱われていますし、大型のスーパーとかディスカウントショップなど、市販で手に入りやすいです。

私も普段から使用していますが、とってもしっとりした洗い上りで、肌荒れ予防の有効成分も入っているのでお気に入りです。

使用感などは私のインスタで紹介しているので、気になる方はチェック↓

しらたまのインスタ

あとはボタニストやデパコスで人気のTHREEにもアミノ酸系のボディーソープがありますよ。

是非お気に入りのボディーソープを見つけてみてくださいね^^

ボディケアの保湿アイテムは使い分けが命!

ボディケアでは保湿アイテムは春夏・秋冬で使い分けたり、パーツによって塗布する量を調節することが重要です。

理由は、部位によって皮脂の分泌量や化粧品の経皮吸収率が異なるからです。

個人的には夏はジェル、冬はミルクを使うのがおすすめ。

ですが成分を細かく見ればジェルよりさっぱりしたミルクもあるので、状況によって自分が使いたいものを選びましょう。

脚や腕のケア方法

脚や腕は乾燥しやすい部位です。

冬の乾燥はもちろん、露出しやすく紫外線のダメージを受けやすいので夏場の保湿も重要。

乾燥しやすい人はプチプラで十分なので、不快感がない程度にたっぷりめに塗りましょう。

保湿アイテムを塗るときはまずはここから塗るのがおすすめ。

ひじ・ひざ・かかとのケア方法

他の部位に比べると、ひじやひざ、かかとは角質が厚い構造になっています。

その為ガサガサしたり、ごわつきを感じた時はスクラブを使うのが効果的。

シュガースクラブを使うと、角質ケアしながら保湿ケアもできます。

私のおすすめはダヴのシュガースクラブです。

ホイップのようなクリームに、お砂糖のざらざらした感触がまるでお菓子を塗っているよう感覚になります♡

胸元・お腹・背中のケア方法

胸元やお腹、背中は皮脂が多いのでニキビが発生しやすいパーツです。

保湿アイテムをたっぷり塗るよりも、汚れをちゃんと落とすことが重要。(でも洗いすぎは厳禁)

保湿アイテムを併用したいなら油分の配合のない(もしくは少ない)ジェルを軽く塗るか、スプレータイプの化粧水を使うのがおすすめです。

これもチェック
おすすめスプレー化粧水紹介

数か月前、キュレルからスプレータイプの化粧水が発売になりましたね。 CMでは「消炎剤配合で肌荒れを防ぐ」と紹介されてますが、実際肌荒れへの効果はどうなのでしょうか。 そこで、肌荒れが気になる私がキュレ ...

続きを見る

ボディケアは正しいやり方で

体はパーツによって特徴が異なるので、全身全く同じケアは好ましくありません。

かといって、毎日パーツごとに完璧ケアしようとすると結構大変。

だからこそ、ボディケアで守るべきはとにかく最初の3つ、

  1. シャワーや湯船の温度は38度以下
  2. 体を洗う&拭く時は絶対擦らない
  3. 乾燥肌ならボディーソープはアミノ酸系

です。

まずはできることからやってみましょう!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

-ヘア&ボディ
-, , , ,

Copyright© 女神のコスメ , 2022 All Rights Reserved.