スキンケア 乾燥

朝と夜で同じクリームはNG!?乾燥肌におすすめクリームと使い方

乾燥肌にお悩みの方で、スキンケアにクリームを使っている方は多いのではないでしょうか。

それは間違ったことではありませんが、実は朝と夜でクリームをうまく使い分けることで、断然乾燥しにくいぷるツヤ肌になれるんです。

ということで今回は、

  • 朝と夜でクリームを使い分ける理由
  • 各クリームのメリット、デメリット
  • 【厳選】乾燥肌におすすめのクリーム

を解説していきます。

乾燥肌は朝と夜でクリームを使い分けるべき

 

「クリームを使ってしっかり保湿しているはずなのに、それでも乾燥するな~」

とお悩みの方は、これから紹介する2タイプのクリームを用意しましょう。

タイプ1:肌の表面に留まる系クリーム(朝用)

タイプ2:肌に馴染む系クリーム(夜用)

この2タイプのクリームを朝と夜で使い分けることで、お肌のコンディションが、グッと良くなります。

どういうことなのか、詳しく解説していきますね。

肌の表面に留まる系クリームとは

まず、朝使用するのは肌表面に留まる系のクリームです。

肌の表面に留まる系のクリームの代表的な商品はニベアとかちふれのポラージクリーム、アンブリオリスのモイスチャークリームなどがあります。

成分表示の最初の方に「ミネラルオイル」「ワセリン」「エチルヘキサン酸セチル」などの、鉱物油やエステル油、ワックスと呼ばれる油分が入ってるものが該当します。

こういった肌表面に留まる系のクリームには、

  • 長時間肌の上に油膜を張る
  • 水で洗っても流されにくい
  • こっくりした質感、濃厚でコクのある質感

といった特徴があります。

長時間肌の上に油膜を張って、肌を乾燥や刺激からしっかりと守ってくれるので、

メイクをしていたり、保湿ケアがこまめに出来ない日中も、うるおったお肌をキープしてくれるんです。

  • メイクをすると肌がカサつく
  • 日中、肌がつっぱる
  • しっとりもちっと肌をキープしたい

こういうお悩みがある方は、朝、ニベアなどの肌の表面に留まる系のクリームを使ってみましょう。

肌表面に留まる系クリームのデメリット

肌に留まる系クリームのデメリットとして

  • 夜使うと、朝のすくんケアの馴染みが悪くなる
  • たっぷり塗るとメイクに支障が出たり、テカリの原因に

の2点が挙げられます。

水で洗っても洗い流されにくいほど、肌表面を強力に保湿してくれるのはメリットでもありますが、

逆を言えば、朝洗顔しても肌に残ったままとなり、化粧水や美容液の浸透を妨げます。

特に乾燥肌の方は、朝はお水やぬるま湯で洗顔を完了する方も多いと思いますが、それではクリームの油分が落ちきれないので、スキンケアの馴染みが悪くなってしまうのです。

かといって、朝から高い洗浄力の石鹸で顔を洗うのはお勧めしません。

なので、夜は肌に馴染む系のクリームを使って保湿することで翌朝はしっとり柔らかなお肌へ整えましょう。

日中使う分には、クレンジングでメイクと一緒にリセットできるので心配ありません。

また、乾燥したくないからと言って、朝からたっぷり塗るのはNG。

メイクの仕上がりや持ちに影響が出るので、ご注意を。

私はニベアを1円玉半分くらい使って、ティッシュオフしてからメイクに入っています。

肌に馴染む系クリームとは

そして夜使うのが、肌に馴染む系のクリームです。

肌に馴染む系のクリームの良さは、しっとり柔らかな肌に整え、朝のスキンケアや化粧ノリを良くしてくれることです。

肌に馴染む系のクリームは、代表的なアイテムには、キュレルの潤浸保湿クリームや、なめらか本舗の豆乳イソフラボン ナイトクリーム、キールズのUFCクリームなどがあります。

成分表示の最初の方に「スクワラン」や「オリーブ果実油」「〇〇種子油」(油脂と呼ばれるオイル)などが来ていたらこちらに該当します。

こういった肌に馴染む系のクリームはの特徴は、

  • 肌馴染みが良く、肌に浸透しやすい
  • 肌を柔らかくする
  • みずみずしく、なめらかなテクスチャーのものが多い

です。

スクワランや、オリーブ果実油、○○種子油は、ヒトの皮脂と似た構造や、同じ成分を持っているので、とにかくお肌に馴染みやすいです。

その為、塗った後もベタ付が少なくお肌をしっとり保湿。

よく朝にはふにふにっとした柔らかいお肌に整えてくれます。

しかも、肌に馴染みやすいということは、肌表面にいつまでも残らないので、朝、水洗顔しただけでもその後のスキンケアの邪魔になりません。

むしろ柔らかなお肌に整えてくれるので、美容成分が浸透しやすい状態になっています◎

肌に馴染む系クリームのデメリット

肌に馴染む系クリームのデメリットとして、

  • 長時間の保湿には向いていない
  • 付けすぎはニキビの原因に

の2つがあります。

肌表面に留まる系のクリームに比べると、お肌の水分や、スキンケア時に与えた美容成分の蒸発を防ぐ力というのはやや劣ります。

だからと言ってこちらもたっぷり付けてしまうと、ニキビができやすいのでご注意を。

油脂は、皮脂の代わりとなってお肌を保湿してくれますが、皮脂が過剰に出るとニキビができてしまうのと同じく、油脂に分類されるオイルも付けすぎるとニキビができやすくなります。

【厳選】乾燥肌におすすめのクリーム

朝用・夜用のクリームは具体的に何を使えばいいのかも気になると思いますが、私がリアルガチでオススメしたいのはこちらの2つ。

  • ニベアクリーム(朝)
  • カナデル プレミアホワイト(夜)

どちらも現在進行形で使っています。

各クリームを解説しますね。

ニベアクリームはメイク前に最適

ニベアってかなり今更感があるんですが、やっぱり良いものなので手放せません。

ニベアクリームは、ミネラルオイル・ワセリン・水添ポリイソブテン・マイクロクリスタリンワックスなど、肌表面に留まる系の油分がズラッと入っています

  • 安い
  • 時間が経っても絶対カサつかない、つっぱらない

メリットというメリットはこれくらいですが、だからこそ絶対的に信頼しています。

「美容液を使って保湿ケアは丁寧に行っているのに、なぜか日中乾燥する」

「リキッドやクリームタイプのファンデを使っても乾燥する」

そんなお悩みがある方は、

  • 肌の水分や保湿成分が蒸発している
  • 外部の刺激からお肌を守れていない

ということが考えらるので、肌表面に留まって長時間保湿してくれる油分たっぷりのニベアは、本当におすすめです。

この一番王道の青いパッケージでもOKですが、メイク前の顔に使うものなので、白いパケのソフトタイプもおすすめですよ。

朝は写真くらいの量を塗っています。も少し多くてもいいかも。

カナデル プレミアホワイトは美白ケアも可能

カナデル プレミアホワイトはなめらかで濃厚なしっとり感を与えてくれるクリーム

  • 実はオールインワンなので疲れ切った夜はこれ1つでも◎
  • 超乾燥肌も超納得の保湿力
  • とろけるような感覚のなめらかさ
  • しかも美白有効成分としてビタミンC誘導体を配合

というお気に入りポイント満載のクリームです。

これさえあれば、夜の美白ケアもばっちりだし、翌朝もしっとり感が続いています。

毎晩2ヶ月半くらい使って、もう残量が少なくなってきました…。

Instagramの方にも詳しく投稿しました。(インスタもこの記事もPRではありません)

まあ、ニベアの方にめちゃくちゃ安いわけではないんですが、今のところ夜用のクリームはこれ私的ベスコスです!

夏に2度沖縄行ったりして結構外に出た2019年でしたが、シミが濃くなったりとか、増えたりとかしてないので、これもカナデルのおかげかもと思っています。

クリーム使い分けで乾燥肌にサヨウナラ

今回は乾燥肌を少しでも良くする為のテクニックとして、朝と夜でクリームを使い分けることについて解説しました。

私はこの方法でお肌の調子が良くなったので、是非、乾燥肌にお悩みの方は試してみて下さいね!

最後まで読んでくださってありがとうございます。

-スキンケア, 乾燥
-, , , ,

Copyright© 女神のコスメ , 2021 All Rights Reserved.